sasau’s diary

作ったもので2年に一回くらいの更新を目指す

Tap strapのモード切り替え時のチートシート

未来を感じるキーボード「Tap」を触ってみた - 生涯未熟

この方の記事を見て、片手入力デバイスに興味があったので購入した。
この記事も(半ば意地になりつつも)例によってそれで書いている。

このキーボードはブラスナックルのような形状をしていて、机を叩いた時の指の振動を使ってタイピングする。
片手で使う場合5本の指の組み合わせで31通りになるので
アルファベットの他の記号や数字などはn回タップするとか中指薬指小指タップでモードを切り替えたりしてタイプするということになっている。
で、モードを切り替えた時のチートシートが見当たらなかったので試した結果を置いておく。
日本語を使う我々には割と重要な気がする…。
おそらくOSに依存する部分があるので注意。以下の結果はMac OSで試した。

キー 挙動
a 1
b 7
c なし
d .
e 2
f command+space(言語の切り替え、モード切り替えは解除)
g command+Tab(アプリの切り替え、モード切り替えは解除)
h 0
i 3
j なし
k
l
m command+hみたいな挙動
n
o 4
p なし(モード切り替えは解除)
q なし
r Tab
s 9
t
u 5
v なし
w command+n(新しいウィンドウを開く、モード切り替えは解除)
x なし
y 6
z 8

「なし」のキーはいっぱい指を使う文字が多い。
アルファベット以外は、スペース、削除、エンター、シフト、モード切り替えなので挙動は変わらない。
正直切り替えは面倒なので、どこまでこのキーボードで頑張るかにもよるんだけど、数字の他は矢印と言語切り替えは覚えておきたいかな。